大会長挨拶
 
第14回日本作業療法研究学会学術大会 大会長
千葉県立保健医療大学健康科学部リハビリテーション学科作業療法学専攻
吉野智佳子

 地球規模で新型コロナウイルス感染症が広がり、不安な日々を過ごされているところと存じます。感染された方々の回復を心よりお祈りするとともに、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

 第14回日本作業療法研究学会学術大会は、千葉県で開催する準備を進めて参りましたが、新型コロナウイルス感染症の拡大を鑑み、理事会にて理事の先生方と様々に意見を交わし、対面での学会開催を見送ることとし、広島大学、長崎大学、鹿児島大学のご協力を得て、web開催を行うこととなりました。広島大学の桐本先生、車谷先生、長崎大学の東先生、鹿児島大学の田平先生に心より感謝の意を表します。

 本大会のテーマは「難局から創造される新しい発見」と題し、新型コロナウイルス感染症という難局がある中で、我々は負けじと作業療法を追求し、臨床での発見や研究成果を議論し、エビデンスを構築していく様を表現してみました。web開催という本学会初めての新しい試みにもチャレンジし、皆様のご協力により素晴らしい学会となるように全力で運営していく所存です。

 今回、特別講演1では、千葉県立保健医療大学健康科学部リハビリテーション学科作業療法学専攻の山本達也先生より「パーキンソン病における脳深部刺激療法の役割」、特別講演2では、千葉大学工学研究院人間生活工学研究室の下村義弘先生より「人間工学と作業療法のフュージョンは何をもたらすか」と題してご講演いただく予定です。オーガナイズドセッションでは、名古屋大学大学院の上村純一先生、群馬大学大学院の李範爽先生にご企画いただく予定です。

 発表演題の中から、参加者より投票を募り、各賞も発表予定です。受賞記念品は千葉県の有名なガラス工房から選定する予定ですので、お楽しみいただければ嬉しく思います。また、web懇親会も予定しております。皆様の振るってのご参加を心よりお待ち申し上げます。

令和2年8月吉日