学術集会
 

第10回日本作業療法研究学会・学術大会のご案内


大会長:桐本 光(新潟医療福祉大学)

日 時:2016年5月21(土)-22日(日)

会 場:朱鷺メッセコンベンションセンター 中会議室     
     新潟市中央区万代島6番1号

テーマ:「集え 草莽の作業療法士」

       第10回 日本作業療法研究学会ホームページ
 
 幕末の明治維新を支えた,権力を持たないが高い志を持った人々を「草莽(そうもう)の志士」といいます.現在,私たち国内の作業療法士が行う研究のレヴェルは幕末に近いものなのかも知れません.事実として,鎖国状態で文明から隔離されている(英文科学雑誌への掲載を当然とする者が希少である)ということになりますが,私たち草莽の志士の手で,これからの作業療法研究の未来を切り開くためにエネルギーを蓄積する黎明期にあるとも考えられます.本学会大会では,学会定款の第4条「関連学術団体との連絡及び協力」に主眼を置き,医学とスポーツ科学両団体のエース格である2名の神経生理学者に特別講演の講師を御願いしました.これまで本学会を支えてきた方々が更に研究を進めるための着想のみならず,志あふれる若い作業療法士がこの世界へ一歩踏み出す勇気を涵養するような学会になれば幸甚に存じます. 
 

日 程:

2016年5月21日(土)


サテライト・ジョイント企画
  「新潟医療福祉大学 運動機能医科学研究所 最前線!」
  (MEG,骨代謝,TMSなどの最新研究成果を5名が報告致します)


特別講演1  「ヒト脳刺激・可塑性・学習」

 立命館大学大学院 先端総合学術研究科

 教授 美馬達哉 先生



オーガナイズドセッション 「作業療法の介入効果の検証」
 西九州大学 田平隆行先生(他2名交渉中)


ポスターミニプレゼンテーション

 

2016年5月22日(日)


トークセッション「大学院に進め! -その第一歩が道となる-」
進行:長崎大学 東登志夫先生,北里大学 鈴木誠先生


優秀演題口演


特別講演2 「歩行のニューロリハビリテーション最先端 ?限界への挑戦-」

 東京大学大学院 総合文化研究科 生命環境科学系

 教授 中澤公孝 先生



閉会式 


 

演題募集期間(予定): 2016年3月1日-3月31日